ヤーコンに含まれる成分

塊根部の成分分析結果(財)日本食品分析センター調べ

<ペルーA種>

分析試験項目 結果 定量下限 方法
水分 88.5g/100g   常圧加熱乾燥法
たんぱく質 0.6g/100g 1 ケルダール法
脂質 0.1g/100g未満   酸分解法
灰分 0.4g/100g   直接灰化法
炭水化物 10.5g/100g 2
エネルギー 44kcal/100g 3
ナトリウム 検出せず 1mg/100g/
リン 15.5mg/100g   ICP発光分析法
0.19mg/100g   ICP発光分析法
カルシウム 9.3mg/100g   ICP発光分析法
マグネシウム 6.1mg/100g   ICP発光分析法
ビタミンA  
  βカロテン当量 79μg/100g  
    α-カロテン 検出せず 6μg/100g   高速液体クロマトグラフ
    β-カロテン 79μg/100g   高速液体クロマトグラフ
  レチノール当量 7μg/100g未満 4
チアミン(ビタミンB1) 0.04mg/100g 5 高速液体クロマトグラフ
リオフラビン(ビタミンB2) 検出せず 0.01mg/100g   高速液体クロマトグラフ
総アスコルビン酸(総ビタミンC) 2mg/100g 6 高速液体クロマトグラフ
食物繊維  
  水溶性食物繊維 0.1g/100g   酵素ー重量法(プロスキー変法)
  不溶性食物繊維 0.8g/100g   酵素ー重量法(プロスキー変法)
  総量 0.9g/100g  
ポリフェノール 0.08g/100g 7 FOLIN-CIOCALTEU法
* 表層及び両端を除いて試験した

注1.窒素・たんぱく質換算係数:6.25
注2.計算式:100ー(水分+たんぱく質+脂質+灰分)
注3.エネルギー換算係数:たんぱく質、4;脂質、9;炭水化物、4
注4.β-カロテン当量12μgをレチノール当量1μgとした。
注5.チアミン塩酸塩として。
注6.ヒトラジンで誘導体化した後測定した。
注7.依頼者選定の方法によった。ただし、(+)-カテキン換算値
 
 

<サラダオトメ種>

 

分析試験項目

結果 定量下限 方法
水分 89.9g/100g   常圧加熱乾燥法
たんぱく質 0.4g/100g 1 ケルダール法
脂質 0.1g/100g未満   酸分解法
灰分 0.4g/100g   直接灰化法
炭水化物 9.3g/100g 2
エネルギー 39kcal/100g 3
ナトリウム 1.7mg/100g   原子吸光光度法
リン 14.7mg/100g   ICP発光分析法
0.21mg/100g   ICP発光分析法
カルシウム 9.9mg/100g   ICP発光分析法
マグネシウム 5.6mg/100g   ICP発光分析法
ビタミンA  
  βカロテン当量 15μg/100g  
    α-カロテン 検出せず 6μg/100g   高速液体クロマトグラフ
    β-カロテン 15μg/100g   高速液体クロマトグラフ
  レチノール当量 1μg/100g未満 4
チアミン(ビタミンB1) 0.03mg/100g 5 高速液体クロマトグラフ
リオフラビン(ビタミンB2) 検出せず 0.01mg/100g   高速液体クロマトグラフ
総アスコルビン酸(総ビタミンC) 3mg/100g 6 高速液体クロマトグラフ
食物繊維  
  水溶性食物繊維 0.2g/100g   酵素ー重量法(プロスキー変法)
  不溶性食物繊維 0.8g/100g   酵素ー重量法(プロスキー変法)
  総量 1.0g/100g  
ポリフェノール 0.09g/100g 7 FOLIN-CIOCALTEU法
* 表層及び両端を除いて試験した

 

注1.窒素・たんぱく質換算係数:6.25
注2.計算式:100ー(水分+たんぱく質+脂質+灰分)
注3.エネルギー換算係数:たんぱく質、4;脂質、9;炭水化物、4
注4.β-カロテン当量12μgをレチノール当量1μgとした。
注5.チアミン塩酸塩として。
注6.ヒトラジンで誘導体化した後測定した。
注7.依頼者選定の方法によった。ただし、(+)-カテキン換算値
 
 

<アンデスの雪種>

分析試験項目 結果 定量下限 方法
水分 89.6g/100g   常圧加熱乾燥法
たんぱく質 0.4g/100g 1 ケルダール法
脂質 0.1g/100g未満   酸分解法
灰分 0.4g/100g   直接灰化法
炭水化物 9.5g/100g 2
エネルギー 41kcal/100g 3
ナトリウム 検出せず 1mg/100g   原子吸光光度法
リン 16.2mg/100g   ICP発光分析法
0.21mg/100g   ICP発光分析法
カルシウム 12.9mg/100g   ICP発光分析法
マグネシウム 4.5mg/100g   ICP発光分析法
ビタミンA  
  βカロテン当量 142μg/100g  
    α-カロテン 検出せず 6μg/100g   高速液体クロマトグラフ
    β-カロテン 142μg/100g   高速液体クロマトグラフ
  レチノール当量 12μg/100g未満 4
チアミン(ビタミンB1) 0.03mg/100g 5 高速液体クロマトグラフ
リオフラビン(ビタミンB2) 検出せず 0.01mg/100g   高速液体クロマトグラフ
総アスコルビン酸(総ビタミンC) 3mg/100g 6 高速液体クロマトグラフ
食物繊維  
  水溶性食物繊維 0.2g/100g   酵素ー重量法(プロスキー変法)
  不溶性食物繊維 0.9g/100g   酵素ー重量法(プロスキー変法)
  総量 1.1g/100g  
ポリフェノール 0.10g/100g 7 FOLIN-CIOCALTEU法
* 表層及び両端を除いて試験した

注1.窒素・たんぱく質換算係数:6.25
注2.計算式:100ー(水分+たんぱく質+脂質+灰分)
注3.エネルギー換算係数:たんぱく質、4;脂質、9;炭水化物、4
注4.β-カロテン当量12μgをレチノール当量1μgとした。
注5.チアミン塩酸塩として。
注6.ヒトラジンで誘導体化した後測定した。
注7.依頼者選定の方法によった。ただし、(+)-カテキン換算値
 
 
 

<サラダオカメ種>

分析試験項目 結果 定量下限 方法
水分 89.6g/100g   常圧加熱乾燥法
たんぱく質 0.4g/100g 1 ケルダール法
脂質 0.1g/100g未満   酸分解法
灰分 0.4g/100g   直接灰化法
炭水化物 9.5g/100g 2
エネルギー 41kcal/100g 3
ナトリウム 検出せず 1mg/100g   原子吸光光度法
リン 16.2mg/100g   ICP発光分析法
0.21mg/100g   ICP発光分析法
カルシウム 12.9mg/100g   ICP発光分析法
マグネシウム 4.5mg/100g   ICP発光分析法
ビタミンA  
  βカロテン当量 142μg/100g  
    α-カロテン 検出せず 6μg/100g   高速液体クロマトグラフ
    β-カロテン 142μg/100g   高速液体クロマトグラフ
  レチノール当量 12μg/100g未満 4
チアミン(ビタミンB1) 0.03mg/100g 5 高速液体クロマトグラフ
リオフラビン(ビタミンB2) 検出せず 0.01mg/100g   高速液体クロマトグラフ
総アスコルビン酸(総ビタミンC) 3mg/100g 6 高速液体クロマトグラフ
食物繊維  
  水溶性食物繊維 0.2g/100g   酵素ー重量法(プロスキー変法)
  不溶性食物繊維 0.9g/100g   酵素ー重量法(プロスキー変法)
  総量 1.1g/100g  
ポリフェノール 0.10g/100g 7 FOLIN-CIOCALTEU法
* 表層及び両端を除いて試験した

注1.窒素・たんぱく質換算係数:6.25
注2.計算式:100ー(水分+たんぱく質+脂質+灰分)
注3.エネルギー換算係数:たんぱく質、4;脂質、9;炭水化物、4
注4.β-カロテン当量12μgをレチノール当量1μgとした。
注5.チアミン塩酸塩として。
注6.ヒトラジンで誘導体化した後測定した。
注7.依頼者選定の方法によった。ただし、(+)-カテキン換算値
 
 
 

 

葉部の成分表    (財)日本食品分析センター調べ

成分 可食部100g当たりに含まれる量
タンパク質 12.8g
脂質 2.9g
繊維 18.3g
糖質 36.8g
リン 416mg
245mg
亜鉛 3007ppm
マンガン 66.3ppm
マグネシウム 551mg
カルシウム 9.5mg
ナトリウム 10.7mg
カリウム 4970mg
タンニン 2.99g

■ヤーコンの紹介はこちら

■ヤーコンの機能性はこちら

■文献リストはこちら

NPO法人 日本ヤーコン協会

茨城県稲敷郡阿見町大字阿見5063番地

TEL: 029-887-2118

FAX: 029-887-2118