ヤーコンの機能性

ヤーコンのイモに含まれる成分とその健康効果

 

フラクトオリゴ糖

100g中に含まれる量(単位:g) フラクトオリゴ糖の比較

健康効果

ショ糖の40%程度の甘みがあり、
①虫歯になりにくい、
②難消化性で胃や腸で消化されない、
③整腸作用があり、ビフィズス菌などの善玉菌によく利用される、
④血中総コレステロールや中性脂肪が低下する、
⑤便秘の改善
などの効果が期待できます。
また
⑥血糖値の上昇やインスリンの分泌はほとんど生じないといわれています。
なお、フラクトオリゴ糖は、塊根中心部より皮層部に多く含まれています。

 

ヤーコンの葉を原料とした茶飲料などの健康効果

 

1.食後血糖値の上昇抑制
ヤーコン葉の熱湯抽出物にはインスリン様効果を示すものが含まれていて、食後血糖値の上昇を抑制します。

 

2.脂質代謝の改善
ヤーコン葉の熱湯抽出物をウーロン茶のエキスと一緒に与えたネズミにおいて、中性脂肪,コレステロールの減少が観察され脂質代謝の改善が期待されます。

 

3.抗酸化作用
強い抗酸化作用を示すクロロゲン酸・カテキンなどの物質がヤーコン葉に含まれ、ヤーコン茶のガン抑制効果が期待されます。

 

4.整腸作用 ヤーコン茶やヤーコン葉の粉末には、フラクトオリゴ糖が含まれ、便秘の解消などの整腸作用があります。

NPO法人 日本ヤーコン協会

茨城県稲敷郡阿見町大字阿見5063番地

TEL: 029-887-2118

FAX: 029-887-2118